●ベーマ・ ビオ ボディライン
緑茶
ツボクサ
オーガニックスイートアーモンドオイル
  イリぺバター
カフェイン

              

スムージングクリーム(セルライト用)の主要成分

小麦胚芽の純粋エキスPurextract of Wheat’s Germ

小麦胚芽に含まれ超臨界二酸化炭素抽出法で得られるアルキルレゾルシノール
の効果は; −抗酸化作用(皮脂内の過酸化物形成のような酸化の前段階の阻止)
−抗炎症作用です。

アルキルレゾルシノールの最も重要な働きの1つは、グリセロール3りん酸脱水
素酵素
(GPDH、脂肪誘因の素)の働きを抑制することで、多くの科学的研究で検証
されています。 脂肪の新陳代謝は、人間の組織体としての最も重要な生化学的な
活動の1つです。実際、脂肪(トリグリセリド)は、人間の最も重要なエネルギー源の
1つと考えられています。
それらは、脂肪組織細胞を形成し、そこでは脂肪細胞は増殖と破壊を常に繰り返し
ます。
先進国において過食による肥満は、今や深刻な問題となっています。 
脂肪細胞内の脂肪の増加を規制する物質がある一方では、
アルキルレゾルシノー
GPDH酵素、即ち脂肪誘導物質を抑制し、トリグリセリド内の脂肪細胞を減ら
す働きがあることが判明しました、
アルキルレゾルシノールは、特に長鎖脂肪酸
に効果的です。

アルキルレゾルシノールC15GPDHの抑制剤として非常に効果的であることを証
明することは出来ませんが、小麦胚芽のアルキルレゾルシノールの
C19C21は大
変効果的な抑制剤です。


結局、超臨界二酸化炭素抽出法で得られる小麦胚芽は、皮膚、即ち通常のスキン
ケア、乾燥肌、敏感肌、老化防止、やセルライト防止など多目的に使用可能な“用途
の広い成分”です。


ベーマスリムBemaslim

ベーマスリムは、シネフリン(ビターオレンジから得られる有効成分)とカフェイン
間にある複合体です。脂肪を燃やしボディを美しく整えることを促進するビターオレン
ジとコーヒーを、溶剤を使わずに先進の“超臨界二酸化炭素テクノロジー”で抽出した
新しいタイプのナチュラル有効成分です。
それらの成分は、脂肪組織に蓄積された
脂肪を活性化し、代謝を促進し、お肌をソフトに滑らかにします。


シネフリン
は、ビターオレンジに含まれている物質で、エピネフリンに良く似ています。 
又、アドレナリン受容体と結合して、脂肪酸の解放プロセスを開始します。更に、脂
肪の燃焼と身体のシェイプアップを促進します。


カフェイン
は、脂肪分解を促進する、昔からの伝統的な成分で、リパーゼ酵素を活
性化します。

シネフリンが、脂肪酸の解放プロセスを開始し、カフェインが、脂肪組織内のナチュラル
な脂質の分解を促進します。 男性にも女性にも適しています。

オーガニックエクストラヴァージンオリーブオイル(ヨーロッパのオリーブオイル)
この成分の特徴は、オレイン酸・パルミチン酸・リノレン酸によって構成されるほとんど
完全なトリグリセリドの脂質です。その非鹸化物は、強い傷痕形成作用を有する植物
ステロールとトリテルペンアルコール
で構成されています。 皮膚の軟化作用を有し、
過度の日光の露出からあなたの皮膚を護ります。

オーガニックスイートアーモンドオイル(Prunus Amygdalus Dulcis)

これは、オレイン酸やリノレン酸のような不飽和脂肪酸を豊富に含むオイルです。
スイートアーモンドの種から採取され、皮膚に速やかに吸収されます。保湿作用と
皮脂層再生作用を有し、更に軟化、鎮静、ミネラル賦与(オリゴエレメント)などの
特性ももっています。

イリペバター(Shorea Stenoptera)

これは、ブラジルの熱帯性植物イリペ(学名:Shorea Stenoptera)の実から
得られ、その組成はココアバターに良く似ていますが、より高い融点を有します。
イリペバターは、脂肪酸(パルミチン酸、ステアリン酸、オレイン酸、リノレン酸、
アラキドン酸)を豊富に含有するお蔭で、皮膚の乾燥を防ぎ、更に、皮膚細胞の
退化を抑えて皮膚のしなやかさと柔軟性を回復する“持続効果のある保湿剤
として働きます。

トーニングクリームの主要成分

植物複合体Plantocomplex

は、選び抜かれたアミノ酸と植物エキスの間にある生化学複合体で、トーニングボ
ディクリーム
の植物複合体は、下記の成分で構成されています
:

大豆イソフラボン・アグリコン(ゲニステインとダイゼイン)
Soy Isoflavons Aglycons


大豆イソフラボンに基づくこの植物ホルモン調合物は、生化学的に唯一活性である
“アグリコンの形態”において、高度に濃縮されたゲニステインを含んでいます。ゲニス
テインは、乳腺上皮の細胞増殖を刺激するだけでなく、皮膚を強化し、あなたのバスト
の筋肉を強壮にするのを助けます。 その結果、あなたのバストの輪郭が大きく改善さ
れます。植物エストロゲンは、老化の過程で増進してしわやたるみを惹き起こす“
コラーゲンとエラスチンの退化”を阻止するために、コラーゲンとエラスチンの生産を
刺激します。更に、皮膚の過度の色素沈着を減らします。


市場には、大豆イソフラボンに基づいた多くの調合物がありますが、それらの多くは
生化学的に活性でないイソフラボン・グリコシドを含んでいますが、もしそれが口腔を
経て摂取されるのであれば、腸内酵素によってアグリコンの形態に変換できます。

唯、皮膚にはこの様な酵素は存在しないので、大豆イソフラボンが化粧品の機能を
満たすためには、生化学的に活性を持つ“アグリコンの形態”で身体に吸収されなけ
ればなりません


セリンとヒドロキシプロリンSerine and Hydrossiproline

これらのアミノ酸は、NMF(天然保湿因子) に多く含まれています、そして皮膚の角質
層の湿り気を保ち、皮膚に滑らかさと柔軟さを与えます。


オタネニンジンエキスPanax Ginseng Extract

これは、朝鮮ニンジンの根から得られます。この成分は、多糖類・有機酸・ビタミン
C
を含有し、ステロイドサポニンの特徴をもつジンセノシドを2−3%含んでいます。
この成分の特徴は、皮膚を刺激し、酸化防止作用を与え、皮膚を強壮にして、しなや
かさと栄養を与えることです。このオタネニンジンエキスは、しわと肌の老化防止に
大変役立ちます。

セイヨウナツユキソウSpirea Ulmaria (Queen-of-the-meadows)

これは、クマリン・フラボン・グリコシド・ビタミンC・サリチル酸塩を含有しています。
関節痛やリューマチの場合に抗炎症作用があり、特に関節炎に有効です。又、軽い
関節痛の場合、鎮痛剤としても使えます。

その抗炎症特性のお蔭で、リューマチの痛みを和らげるのに適しています。サリチ
ル酸の派生物のお蔭で、
関節痛の体液浸出を減らします。
成分:サリチル酸メチルのグルコシド、フラボンの派生物

エラスティサイジング クリームの主要成分

植物複合体Plantocomplex

は、選び抜かれたアミノ酸と植物エキスの間にある生化学複合体で、エラスティサイ
ジングボディクリーオム
の植物複合体は、下記の成分に基づいています
:

 
ベーマグルカノ(BemaGlucano)は、酵母菌(イースト)から得られる革新的な
多糖類です。
これは、身体のもつ自然な防御機能を刺激し、抗菌作用・抗生作用
があります。
これは、傷ついた皮膚の再生を促進し、繊維芽細胞の生産と皮膚の
ケラチノサイトを改善します。又、酸化的ストレスに対抗して光防御作用を発揮しま
す。
ベーマグルカノは、酵素に必要な栄養を供給するので、非常に優れた酵素活性体
です。又、酵素と結合しているお蔭で、酵素の反応にエネルギーを供給します。

ツボクサの植物ソーマCentella Plantosomas

この成分は、結合組織に対し、しわ防止作用と共に、著しい毛細管保護作用、
栄養作用を有します。又、昔から、皮膚の瘢痕(はんこん)治癒特性が評価されて
きました。

ヒメコウジGaultheria Procumbens (Wintergreen)

サリチル酸の高い含有量により、この成分は、果実酸と同様な“軽い、優しい剥
離作用”を有します。あなたの皮膚を保湿し滑らかにしながら、他の成分が皮膚
に速やかに浸透するのを促進します。

アマランスオイルAmarant Oil

表皮の皮脂(トリテルペン・スクアレン)を多く含んでいます。アマランス・オイル
だけが、皮膚の表面に含まれるスクアレンの量に匹敵するスクアレンを持って
います。
超臨界二酸化炭素抽出テクノロジーで得られるアマランス脂質は、そのスクア
レン・ステロール・トコフェロール・トコトリエノールの比較的高い含有量のお蔭で
他のどの植物油より、表皮の皮脂組織に大変よく似ています。このため、抽出
アマランスオイルは、その強い弾力性のお蔭で、慢性的に乾燥した皮膚に特に
適しています。 ごく稀な場合に、乾燥肌の徴候が身体の一般的な不健康に起
因していることがあります。乾燥肌の原因は、外的な要因、即ち天候・寒冷・低
湿度・頻繁な入浴やシャワー・強度の脱脂洗浄剤(合成石鹸)の使用及び職業
に起因する皮膚の問題などです。又、日光浴が乾燥肌をもたらすことはよく知ら
れた事実です。いわゆる“肌の老化”の特徴は、皮脂の欠如です。
 抽出アマランス・オイルは、魚油に含まれているものよりも酸化に対しずっと安
定性があり、従って生理学的に、より有効です。

レッグリフレッシュ ジェルの主要成分

“フィトティー(FITOTHE3)は下記を含んでいます:

白茶:中国にだけ生育する“チャノキ”(Camelia Sinensis)の希少な品種か
ら得られます。ポリフェノールの高い含有量が、顕著な酸化防止作用をもたら
します。


緑茶:
“チャノキ”(Camelia Sinensis)から、発酵工程(通常紅茶を作る工
程)を行わずに得られます。フラボノイドとプリン体を含んでいます。


ルイボスティー
(赤い茶):“ルイボス”(Aspalathus Linearis)から、発酵工
程を経て得られるこの成分は典型的な赤い色をしています。カフェインは含まず、
クエルスチンの様なフラボノイドを含有しています。“フィトティー”に含まれている
フラボノイドは、血管強壮特性を持っています。フラボノイドは、毛細管浸透性を
減らし、毛細血管の抵抗力を増強します。これにより、血管組織の洗浄機能を
改善します。皮膚は、この様な状況下で、より酸素を供給され、栄養を与えられ、
輝かしくなります。
更に、“赤い茶”から得られるフラボノイドとポリフェノールは共に、汚染除去の
役割を果たし、酸化ストレスを抑制し、グリコサミノグリカンの劣化をおさえるこ
とにより、細胞外タンパク質の保護を約束します。














  

        古代ローマの薬草学〜
▼Top Pege

      ◇ ベーマ ・ ボディラインの主要成分





















































































































































































































▼Top Pegeへ